看護師の平均年収は?

全国の看護師の一年間の収入は平均して437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に従事する看護師は、公務員として勤務しているため、平均年収は約593万円になります。
公務員看護師は賃金の上がる率も民間病院と比較して高く、福利厚生も備わっています。
準看護師のケースだと、看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。
看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度催されます。
看護師不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を示し続けています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な試験です。
看護師の就業人数が足りないという病院も少ないとは言い切れないため、再度務めることはけっこうなことです。
ただ、ある程度以上に仕事をしていない期間が長い場合、少々不安ですね。
転職を斡旋してくれるサイトなどを効果的に活用して困ったときに、相談にのってもらえるような機能を用いるのがいいでしょう。
看護師は医師からの指示により医療行為を行うという事がよくありますが、単純な医療行為であれば、医師の指示なしでも可能なのです。
であるから、老人ホームやその他の福祉施設に看護師がいる際は、非常に心強いと思えます。