夜行バスの移動は新幹線よりもリーズナブル

夜行バスは新幹線や飛行機に比べてずっとリーズナブルな料金で移動ができるところが大きな魅力です。
ただ、料金がリーズナブルなぶん、移動にかかる時間は新幹線や飛行機よりも長くなります。
たとえば、京都東京間の移動ですとおよそ8時間かかります。
21時過ぎに出発し、翌朝の5時過ぎに到着しますので、一晩を社内で過ごすことになります。
車中泊ですと落ち着かず、ゆっくり休めないという人もいますが、最近の夜行バスは快適に過ごせるように様々な心配りがされています。
たとえば、座席と座席の感覚をたっぷり取ることで、ゆっくりと脚を伸ばしてくつろぐことができ、リクライニングシートをかなり倒しても後ろの席の人の迷惑にならないようになっています。
左右にカーテンが取り付けられており、プライベートな空間をキープできる車両もあります。
耳栓やアイマスクが付いているものでしたら、周りの音なども気になりません。
移動時間こそ長いですが、こうした気配りがなされていることで、夜行バスの中の時間を快適に過ごせます。
京都〜東京夜行バスを本音で検証!快適さは?【料金徹底比較!】