住宅ローン金利の基準とは?

住宅ローンの金利を決めるにあたって、基準となるものがあります。
変動金利に大きく影響を及ばすことになるこの「短期プライトレート」と呼ばれるものが基準となり、金利が決められていることになります。
この「短期プライトレート」は、日本の制作金利によって簡単に影響されう用になっていて、日銀が行う金融制作の結果によって決まるものとなっています。

政策金利がいつも関係していることになりますから、自分でも日ごろから金利の動きをチェックして、これから先自分の金利がどのように動くのかを、しっかりと把握することは必要になってきます。
また、各金融会社ごとにも、この「短期プライトレート」は関係してくるものになっています。
それに加えて、各銀行の経済方針などもプラスされることになります。