ビルベリーとは?

その中の一つに、ビルベリーという成分があります。
ビルベリーは、いろいろな名称で紹介されることがあります。
ビルベリーとブルーベリーですが、同じスノキ属というところに属しているので、近縁ということができます。
ビルベリーの特徴としては、スウェーデンやノルウェー、デンマーク、フィンランド、フェノスカンジア、スコットランド、アイルランド、ポーランド、イタリア、フランス、ドイツ、ウクライナ、ロシアといったヨーロッパ一帯に自生している植物ということが挙げられます。
これは、ブルーベリーをはじめとして、ほかの同じ種類のベリーと比較をしても、多いとされています。
アントシアニンには、目の疲れなどの症状を改善する効果が期待できるということで、健康食品で使われることが多くなっているといわれています。
現在のところ、フランスやイタリア、スペインといったヨーロッパの各国では、医薬品の原料として使われています。
しかし一方で、ほかの症状に対して、効果を発揮するという形で、健康食品として販売されるケースもあります。
血管障害やもしくは十二指腸潰瘍、色素皮膚炎、静脈炎といったいろいろな症状に対して、効果を期待することができるといわれています。