住宅ローン借り換えタイミングをシミュレーションすると?

住宅ローン借り換えタイミングは、シミュレーションしてみるとどれくらいの差が出るかがわかって良いですね。
これから先1,000万円以上を10年間かけて返済していくとすると、金利によってどれくらい支払い額が変わるのか調べて見ましょう。
金利3.
0%だとすると、金利分の返済額は1,587,236円です。
金利1.
3%だとすると669,425円です。
なんとその差は917,811円となります。
金利の数字を見ると1.
7%の違いですが、手数料が50万円かかったとしても40万円の差が出るということがわかります。
これなら金利の低いときの借り換えは検討する価値があると感じますね。
しかも、ネット銀行やフラット35が保証料なしの借り換えが出来るようになっています。
また、団信保険料がやすいところもあるので借り換え時と言えるでしょう。
住宅ローン借り換え諸費用いくら?安い銀行比較!【諸費用込は損?】