FXデイトレは会社によって手数料やスプレッドなどが違うので注意しましょう!

FXデイトレを始めるときに、どの会社に口座を開こうかと迷いますが、やはりスプレッドが狭く、手数料は無料のところが基本でしょう。
スプレッドとはそのFX会社から通貨を買ったときと、反対に売る時の価格の差です。
過去にはドル円で2銭などが当たり前でしたが、最近では0.
5銭くらいが主流になっています。
1銭だと高いと文句を言われるくらいになってきました。
また、NDD方式と言って、インターバンク市場に顧客を直接つなぐ方式のFX会社では、その仕組み上、スプレッドが逆転することさえあるようです。
つぎに手数料ですが、10,000通貨の取引なら0円というところがほとんどです。
1,000通貨単位の取引になると手数料が発生する会社もあるので、少額でFXデイトレをはじめようとする人は気を付けてください。