フラット35Sの特徴とは?

フラット35Sは、現在フラット35(若しくはフラット35保証型)を契約されている方が省エネルギー性や耐久性などに優れた住宅を取得する場合、受付期間中に申込みをすることで借入金利を一定期間引き下げる制度で、この受付期間は予算金額に達する見込みとなった場合には終了します。
また、この申込みにはフラット35での技術基準に加えてフラット35S独自の基準に適合する必要があり、検査機関による物件検査を受け適合証明書を交付されて申込先金融機関へ提出を要します。
具体的な基準としては①トップランナー基準に適合する住宅②認定低炭素住宅③長期優良住宅④耐震等級3の住宅⑤高齢者等配慮対策等級4以上の住宅で、いずれか1つ以上の基準を満たす住宅が対象となります。
この利用には、新築住宅の建設・購入および中古住宅の購入の際に可能ですが借換融資には利用できません。
そして、金利については初めの10年もしくは5年間を年0.
3%引き下げる2つのタイプが用意されています。