フラット35審査のポイントは?

フラット35は長期固定金利が魅力ですね。
この先金利が高金利に変動した場合でも、変わらない現在の低金利のままですから、注目が集まっています。
審査に関しても、非正規雇用や、起業間もないケースでも通ることが多いと言いますから、銀行の住宅ローン審査に通らなかった人でも、ローンを組める可能性が高いですね。
しかも、高性能住宅であるという一定の基準をクリアしている場合、フラット35Sを利用することが出来ます。
こちらは、9割貸し付けになってくるので、予算の1割+諸経費分を自己資金として用意する必要があります。
金利引き下げの期間がプランaは10年、プランbは5年となっています。
フラット35Sでは、かなり金利を押さえることが出来ますが、フラット35に比べて条件が厳しくなると言うことです。
フラット35は中古住宅購入にも使える?借入基準!【マンションは?】